診療時間 9:00~12:30 / 15:00~18:00 【休診日】月曜、日曜・祝日

〒731-0138
広島市安佐南区祇園5丁目2番45-201

082-850-1231

広島市安佐南区祇園にある、いしばし耳鼻咽喉科クリニックです。耳、鼻、のどに関する幅広い診療を行っています。

嗅覚障害

HOME»  嗅覚障害

嗅覚障害について

令和3年1月18日

新型コロナウイルス感染症では急性嗅覚障害、味覚障害の症状がでやすいとわかっております。

ヨーロッパにおける他施設共同研究では、新型コロナウイルス感染症患者1363人のうち74.2%に嗅覚障害、45.8%に味覚障害が発生すると報告されました。

症状の軽い軽症患者さんに限れば嗅覚障害の発生率は85.9%と驚くほどの高さです。

流行している型や人種差があるためこれがそのまま日本人に当てはまるかはわかりませんし、日本ではそこまで嗅覚障害の合併はしていない印象ですが、令和3年1月の段階で急性の嗅覚味覚障害が出現した場合、新型コロナウイルス感染症の可能性を考える必要があります。

もし急性の嗅覚味覚障害を感じるようでしたら当院にまず電話でご相談ください。対応について相談させて下さい。

高熱や息苦しさ、ひどい咳などが合併されている場合は緊急度が高く、クリニックでの診療は妥当ではないので救急車を要請するなどの命を守る行動をお願いいたします。

また新型コロナウイルス感染症から回復された患者さんについてですが、嗅覚障害発生後60日経過時点で24.5%の患者さんに嗅覚障害が残存していると報告されてます。治療としては内服薬と嗅覚トレーニングが提案されると思いますのでお困りの方はご相談ください。

参考文献

JR.Leichen et al:Prevalence and 6-month recovery of olfactory dysfunction: a multicentre study of 1363 COVID-19 patients. Journal of Internal Medicine 2021
https://doi.org/10.1111/joim.13209


好酸球性副鼻腔炎による嗅覚障害
CT 冠状断像
篩骨洞優位の陰影、嗅裂の閉塞所見がみられる
 

好酸球性副鼻腔炎による嗅覚障害
鼻咽腔ファイバー所見
嗅裂方向の鼻ポリープがみられる
 

外傷性嗅覚障害
MRI所見
前頭蓋底の脳挫傷がみられる

先天性嗅覚障害
MRI所見
嗅球の欠損がみられる

においは大切な感覚です。

食べ物、飲み物は味とにおいが揃って初めておいしいと感じます。

腐った食べ物を避けるためには、くさいにおいがわからないといけません。
火事を防ぐには、いち早く焦げたにおいに気付かなければいけません。
においがわからない、全体的に弱く感じる、普段と違うにおいに感じるなど、
においに異常を感じたら、できるだけ早く当院を受診していただければと思います。

嗅覚障害は、原因をつきとめることが大切です。原因としては、慢性副鼻腔炎、感冒(かぜ)、頭部の打撲が多く、また、アレルギー性鼻炎などの鼻の病気や、アルツハイマー病やパーキンソン病などの脳の病気でも原因となる場合があります。

当院では、嗅覚障害の診断のために必要な検査機器を揃えました。
クリニックではまだ導入実績のすくない副鼻腔CT、嗅覚機能検査(T&Tオルファクトメーター)、
細径鼻内視鏡にて詳細に診察いたします。

治療については、原因疾患によって治療法が異なり、疾患によっては早めの治療が必要な場合もあります。個々の病態に合わせた治療法をご提案させていただきます。

今後、普及が予測される嗅覚刺激療法については、
海外の原法を日本人向けにアレンジしたものを提案させていただきます。

Page Top
24時間ネット受付