診療時間 9:00~12:30 / 15:00~18:00 【休診日】月曜、日曜・祝日

〒731-0138
広島市安佐南区祇園5丁目2番45-201

082-850-1231

広島市安佐南区祇園にある、いしばし耳鼻咽喉科クリニックです。耳、鼻、のどに関する幅広い診療を行っています。

睡眠時無呼吸症

HOME»  睡眠時無呼吸症

睡眠時無呼吸症・いびき症について

睡眠時無呼吸症は、眠っている間に息が止まる病気です。
苦しくなって何度も目が覚めてしまいます。

この病気になると、深い睡眠がとれないことにより、
日中の眠気、早朝の頭痛などの症状が出現します。


大人は、仕事効率の低下や運転中の居眠りにつながり、
お子さんであれば、勉強に集中できず学力に影響が及ぶ可能性があります。
また、睡眠時無呼吸症を放置すると、虚血性心疾患、糖尿病、脳血管障害等のリスクが高まる
と言われています。
 

睡眠時無呼吸症(閉塞型)の原因は、
鼻、のど、あごの形、のどの筋力、体格などの要因によって睡眠時に上気道が狭くなることです。
どの部位が狭窄の原因なのかを診断することが、非常に重要となります。

当院では、視診、触診による診察、鼻の入り口からのどの奥まで経鼻内視鏡で診察を行って、
無呼吸の原因となる部位を診断します。

睡眠時無呼吸症・いびき症が疑われる方は、
予約制で機器を貸し出し、自宅で検査をおこなっていただきます。

その検査結果をもとに、適切な治療方針を提案させていただきます。
簡易検査の結果次第では、より詳しい検査(PSG)をご提案します。
(1泊入院を要するため、他院に紹介します。)

実際の治療に関しては個々の状態に応じてにはなりますが、
CPAP療法、マウスピース治療、鼻治療、減量指導などが挙げられます。

CPAPの機械自体も年々改良されており、一度諦めた方もまた相談していただけたらと思います。
お気軽にご相談ください。

睡眠時無呼吸症の可能性をチェック

睡眠時無呼吸症の可能性をチェック
いびきを指摘される方、睡眠時無呼吸症の心配な方はテストを受けてみましょう
※画像をクリックするとチェックページに移動します。

Page Top
24時間ネット受付