診療時間 9:00~12:30 / 15:00~18:00 【休診日】月曜、日曜・祝日

〒731-0138
広島市安佐南区祇園5丁目2番45-201

082-850-1231

広島市安佐南区祇園にある、いしばし耳鼻咽喉科クリニックです。耳、鼻、のどに関する幅広い診療を行っています。

鼻の病気

HOME»  鼻の病気

慢性副鼻腔炎


好酸球性副鼻腔炎
CT 冠状断像
篩骨洞優位の陰影がみられる

好酸球性副鼻腔炎
鼻咽腔ファイバー所見
嗅裂方向の鼻ポリープがみられる

慢性副鼻腔炎は、いわゆる蓄膿と呼ばれている疾患ですが、最近では一概に蓄膿と呼べなくなりました。現在では、大きく好酸球性副鼻腔炎と非好酸球性副鼻腔炎に分類されます。

簡単に言うと、細菌感染が主体の副鼻腔炎が非好酸球性副鼻腔炎で、アレルギーが主体の副鼻腔炎が好酸球性副鼻腔炎と考えてください。

非好酸球性副鼻腔炎は、細菌による炎症や粘膜の障害によって膿のような鼻水や鼻づまりをともなう、いわゆる蓄膿といった症状が出現します。

治療はマクロライド療法(抗生物質の少量長期投与)といった治療が主体となることが多く、局所処置、投薬で治癒することもよくあります。鼻茸(鼻ポリープ)を伴ったり、炎症が強くて改善しない場合は手術療法の適応となることもあります。

一方で、好酸球性副鼻腔炎は難治性の副鼻腔炎で、2015年に厚生労働省の指定難病となりました。
慢性副鼻腔炎患者の約20%程度はこの病気と推定されています。

嗅覚障害や鼻ポリープ、粘性の高い鼻水(にかわ状と表現されます)を合併することが多く、
ガイドラインによる診断基準では、鼻内視鏡所見、CTによる副鼻腔の評価、採血による末梢血液中の好酸球数上昇によって診断します。

抗生物質の治療にはあまり反応せず、ステロイドを主体とした治療が病状によって必要となります。いったん症状や所見が軽快しても、風邪などをきっかけにすぐに再発・増悪するため、長期間耳鼻科に通院こともしばしばです。また、状態によっては手術を提案して、対応可能な総合病院へ紹介させていただきます。

きちんとした診断を行ったうえで、テーラーメイドの治療のご提案をさせていただきますので、
慢性の鼻づまり、後鼻漏、嗅覚障害など副鼻腔炎を疑う症状がありましたら気軽にご相談ください。

アレルギー性鼻炎


アレルギー性鼻炎
(水様鼻汁、蒼白調の粘膜腫脹が
特徴的)

アレルギー性鼻炎は、発作性のくしゃみ、鼻づまり、みずばなをきたす疾患です。

スギやヒノキなどの花粉をアレルゲンとする鼻炎を花粉症と言い、ダニ、ハウスダストなど、年中あるものをアレルゲンとする場合、通年性アレルギー性鼻炎と言います。

現在では、3人に1人がアレルギー性鼻炎を持っており、発症年齢の低年齢化が進んでいます。くしゃみ、鼻水は活動の妨げになりますし、夜間の鼻閉は睡眠障害の原因となります。

当院では、患者さんの鼻の状態をよく観察して重症度を判断し、
病状に沿った治療を提案させていただきます。

アレルゲンが不明な場合は、採血検査で代表的なアレルゲンに対する反応があるかを調べます。
ただし、この採血検査は医療費の自己負担金額が3割負担の患者さんでも約5000円程度する検査ですので、ご希望の方のみに治療を行います。

スギ花粉症であれば、飛散開始時から内服治療や点鼻治療を始めることが鼻アレルギー診療ガイドラインでは勧められています。例年、2月中旬から2月下旬が飛散開始日ですので、スギ花粉症にお悩みの患者さんはこの時期から治療を開始されることをお勧めします。

また、鼻粘膜の腫脹が強いタイプのアレルギー性鼻炎患者さんには、CO2レーザーによる鼻粘膜焼灼術を提案させていただきます。

血管運動性鼻炎

血管運動性鼻炎は、くしゃみ、鼻水、鼻づまりを主訴とする鼻炎です。

アレルギー性鼻炎とほぼ同じ症状であるため、鼻内の所見がとられない内科ではアレルギー性鼻炎として治療されている場合もみられます。(使用する薬はアレルギー性鼻炎の薬であることが多いので、不利益にはならないと思います。)

血管運動性鼻炎の診断は、鼻粘膜の色調が発赤と蒼白が混じったような所見になりやすいこと
(アレルギー性鼻炎にみられるような均一の蒼白調ではない)、鼻汁好酸球検査で陰性であること、RAST(血清抗原特異的IgE抗体)がすべて陰性であることで診断します。

また、目のかゆみなどの眼症状を伴いにくいこともアレルギー性鼻炎との鑑別ポイントです。

耳鼻科では、鼻鏡検査、鼻内視鏡検査、採血検査をおこなうことでアレルギー性鼻炎との区別を行います。季節に関係なくアレルギー性鼻炎のような症状がある、採血検査で異常なかったのに鼻炎症状を繰り返す場合は血管運動性鼻炎かもしれません。

好酸球増多性鼻炎

好酸球性増多性鼻炎もくしゃみ、鼻水、鼻づまりを主訴とする病気で、アレルギー性鼻炎として治療されていることが多いです。

好酸球増多性鼻炎の診断は、アレルギー性鼻炎のような症状があるものの、RAST(血清抗原特異的IgE抗体)がすべて陰性であること、鼻汁好酸球が陽性であることで診断します。鼻汁好酸球が多い場合、やや粘性の高い鼻汁になりやすい印象があります。
眼症状は少ないとされています。

治療はアレルギー性鼻炎に準じた治療が行われますが、鼻噴霧型ステロイドが効果的とされる報告が見られます。
アレルギー性鼻炎と診断されているのに、採血検査で異常がない方はこの病気かもしれません。詳しい検査を希望される場合は、耳鼻科受診をお勧めします。

Page Top
24時間ネット受付